和食と認知症予防

食事法・レシピ

認知症予防の食事 和食(昭和50年の食事)

和食と認知症予防
■なぜ和食?

世界の長寿トップ10人中に、日本人が5人というのは驚きです。

やはり、和食ってすごいんですね。

ちなみに和食は、2013年にユネスコの世界文化遺産にも登録されました。

認知症予防の観点では、地中海食がもてはやされますが、どっこい和食も負けていないんです。

魚介類、大豆発酵食品、旬の野菜、お米などが和食の強みでしょう。

専門家が口をそろえて言うのは、”和食の唯一の弱点は塩分が高いこと”です。

また、和食はあまりに多様で、料亭の料理から寿司やそば、総菜や家庭料理まで幅があります。

牛丼やラーメンも世界では和食と考えられています。

特に家庭料理は、年代によって様変わりしてきました。

■なぜ昭和50年(1975年)?

”昭和50年に日本の家庭の食事は、多少欧米化した和食である。これを食べていれば、考えられる限り、最高の健康と最大の長寿が得られる。がんも、糖尿病も、動脈硬化も寄せ付けない。認知症にも寝たきりにもならず、元気なまま100歳を迎えることも高確率で可能である。”
出所:「昭和50年の食事で、その腹は引っ込む」東北大学大学院 都築毅博士著

マクドナルドの1号店が銀座にできたのが1971年。

セブンイレブンの1号店が豊洲にできたのが1974年。

まさに、西洋の食事が家庭料理にも入り込んできた時期ですね。

”厚生労働省が調査しいる1960年、1975年(昭和50年)、1990年、2005年の4パターンの日本人の食事を再現し、粉砕・乾燥したものをマウスに与える実験を行った。2005年のエサの群は、1975年(昭和50年)のエサの群の4倍も早く脳が衰えた。”
出所:同上

昭和50年の食事をしていれば、認知症のリスクが4分の1になるという仮説が成り立ちます。

■昭和50年の食事の特徴は?

都築博士は以下のポイントを挙げています。
・少しずつ色々なものを食べる
・和食一辺倒ではない
・豆類(大豆製品を含む)を多く摂る
・1日1~2個、卵を食べる
・ごはんの量を減らす必要はない
・1日2杯、味噌汁を飲む
・魚は毎日、肉は1日おき
・調理は「煮る」を最優先に
・食後に果物を
・海藻類を多く摂る

筆者的には、”ご飯の量”の項目以外はすべて納得です。

昭和50年といえば、筆者は小学生。

クリームシチューやハンバーグなどの洋食が印象に残っていますが、焼き魚や納豆なども日常的で、食卓には皿がたくさんあったと記憶しています。

その前の年代である1960年の食事は、ごはん+塩辛いおかずという一汁一菜的なメニュー。

1990年以降になると、洋食化がさらに進み、単品化が進んだのだそうです。

1975年(昭和50年)くらいの和洋折衷、バラエティがちょうど良いということです。

「煮る」調理を優先していれば、AGE(終末糖化産物)も抑制できます。

★★かんたんまとめ!
和食+αで認知症を予防しよう

認知症予防は40代、50代から。

いつもスッキリと行きましょう!

ふーむという方、ここをぽちっとお願いします。ワン!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

認知症ランキング
ベル

関連記事

  1. 野菜スティック
  2. アスパラとひき肉のカレー炒め
  3. スプラウトサラダ 認知症予防
  4. 芽キャベツのスープ

    食事法・レシピ

    認知症予防レシピ 芽キャベツのスープ(予防食品5種入り!)

    芽キャベツはスーパーフード認知症予防ランキングNo.1!米国の…

  5. パレオダイエットと認知症予防

    食事法・レシピ

    認知症予防の食事 パレオダイエット(原始人食)

    パレオダイエット(原始人食)って何?旧石器時代のことを英語でP…

  6. つるむらさき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 大豆製品と認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード 大豆製品・豆製品
  2. すき焼き

    食事法・レシピ

    認知症予防レシピ シンプルすき焼き(予防食品7種!)
  3. あじフライと認知症予防

    食事法・レシピ

    認知症予防レシピ あじフライ ラタトゥイユ添え(予防食品9種入り!)
  4. 塩分と認知症予防

    NGフード

    認知症予防NGフード 塩分のとりすぎ
  5. サフランと認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード サフラン
PAGE TOP