カカオと認知症予防

推奨フード

認知症予防フード カカオ(ダークチョコレート、ココア)

カカオと認知症予防

■注目の食材、カカオ

中南米原産のカカオは、紀元前からマヤ族が栽培していたと言われています。

コロンブスがスペインに持ち帰りヨーロッパへ、江戸時代には長崎から日本に伝わりました。

カカオの生産地はアフリカ(ガーナなど)、アジア(インドネシアなど)、南米(ブラジルなど)です。

カカオの果実は長さ15~20センチという大きなもの。

中にカカオ豆が20~50個入っています。

このカカオ豆をペースト状に加工したものがカカオマス。

カカオマスにミルクや砂糖を加えるとチョコレートです。

カカオマスからカカオバターとココアが抽出されます。

以前からカカオにはストレスをやわらげ、精神をリラックスさせる効果があるとされてきました。

■チョコレートと高血圧予防、認知症予防

”ダークチョコレート(カカオ70%以上)は血管を若返らせ、しなやかに保つため、高血圧を予防し改善します。カカオに含まれるカカオポリフェノールが一酸化窒素の分解を防ぐのが要因です”
出所:戸田中央総合病院 嗜好品外来 心臓血管センター内科 椎名一紀医師、ドイツケルン大学

嗜好品外来っていう外来があるのを知ってましたか?

高血圧の患者さんに、ワインやチョコレートをすすめることで改善効果がでているようです。

”カカオに含まれる高濃度のカカオポリフェノールが脳の血流量を増加させ、認知機能を高めることがわかりました。”
出所:コロンビア大学メディカルセンター、スモール教授のグループ

間接的に血圧を下げるだけでなく、直接的に認知機能を改善するのですね。

■摂取の目安は?

”1日の摂取目安は25gです。”
出所:戸田中央総合病院 嗜好品外来心臓血管センター内科 椎名一紀医師、ドイツケルン大学

一般的な板チョコが60gくらいですので、半分くらいが1日推奨量です。

ミルクチョコレートは100グラムで558 kcalですので、25グラムでも140 kcalになります。

ミルクチョコレートの飽和脂肪酸は100グラムで19.88g、25グラムでも5g含まれることになります。

筆者にはちょっとカロリーオーバーかもしれません。

一つの解決策は、ココアで摂取すること

カロリーオフにつながります。

ピュアココアは、100グラムで271 kcal、ミルクチョコレートの約半分です。

★★★かんたんポイント!
ダークチョコレートを食べるだけ、カロリーが気になる場合はピュアココアで。

認知症予防は40代、50代から。

いつもスッキリと行きましょう!

ふーむという方、ここをぽちっとお願いします。ワン!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

認知症ランキング
ベル

関連記事

  1. 鰻重

    推奨フード

    認知症予防フード うなぎ

    暑い夏が来ると”うなぎ”の季節にな…

  2. 卵黄
  3. 抗酸化フードと認知症予防
  4. ザクロと認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード ザクロ

    ■ザクロって?中東原産のフルーツで、古くから薬用や…

  5. 玄米と認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード 全粒穀物

    ■かんたんに言えば、玄米などを少な目に食べましょう、という…

  6. マンゴーと認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード マンゴー

    ■マンゴーはスーパーフード「認知症予防の部」ランキングでNo.3!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 大豆製品と認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード 大豆製品・豆製品
  2. 栄養ドリンク

    サプリメント

    認知症予防フード&サプリ タウリン
  3. ひよこ豆のサラダと認知症予防

    食事法・レシピ

    認知症予防レシピ ひよこ豆の地中海風サラダ(予防食品5種!)
  4. 甘いものと認知症予防

    NGフード

    認知症NGフード 甘いもの・スイーツ
  5. ケトン体と認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード ケトン体を増やす食べ方、食べ物
PAGE TOP