乳製品と認知症予防

推奨フード

認知症予防フード 低脂肪な乳製品

乳製品と認知症予防

■乳製品は「諸刃の剣(もろはのつるぎ)」

認知症に関連する食事・食材の調査研究の中で、リスクにもなるけれど、予防もするという悩ましい食品があります。

わかりやすい例は、赤ワイン。

適量なら予防食品の代表選手ですが、アルコールの飲み過ぎは脳が萎縮するのでリスクです。

実は乳製品も予防食品であり、リスク食品でもあります。

諸刃の剣(もろはのつるぎ)、つまり効果もあるけれど使い方を間違えればダメージにもなるのです。

■乳製品は認知症の予防に良いという調査は?

”久山町のデータでは、牛乳・乳製品をほとんど摂らない人に比べて、1日に197グラム、つまり牛乳瓶1本分を摂取している人の方が、認知症のリスクが30%低いことが分かっています。これは乳製品に含まれるカルシウムやマグネシウムに予防効果があるためだと思われます。”
出所:久山町研究、九州大学大学院医学研究院

地中海食のピラミッドでも、毎日とりたい食材の中に「ナチュラルチーズ・ヨーグルト」が入っています。

■乳製品は認知症のリスクになるのはなぜ?

”シカゴで4年間に渡って行われたプロジェクトでは、飽和脂肪酸を25g/day摂取した層は、13g/day摂取した層に比べて2倍以上のアルツハイマー病のリスクだった”
出所:「Power Foods for the Brain」Neal D. Barnard, MD著

欧米での調査ですので、飽和脂肪酸の多くは、乳製品(チーズ、アイスクリーム、牛乳、バターなど)と肉(牛肉、豚肉、鶏肉、ソーセージやハンバーガーなどの加工肉)などが中心です。

また、認知症ではないですが、前立腺がんや大腸がんのリスクにつながるとする医師の意見もあります。

”乳製品の脂質およびカルシウムは、(根拠は不十分だが)前立腺がんのリスクとなる”
出所:「がん対策マニュアル」大川智彦著

”動物性脂肪はドーマント細胞にキッカケを与え、大腸がんのリスクにつながる”
出所:「今日から始める76のがんシンプル作戦」済陽高穂医師著

■何をどのくらい食べたらいいの?

これは難しい質問だと思います。

なぜならカルシウムやマグネシウムは摂ったほうがいいけれど、

動物性脂肪はあまり摂らないほうがいいからです。

一つの目安は以下の通り。

”1日の牛乳・乳製品摂取量推奨量は約70~100g/日以上”
出所:久山スタディ

もうひとつの目安は、シカゴでの調査の動物性脂肪13g/day

仮に、牛乳100gとヨーグルト50g摂取すると、動物性脂肪は3.2gなので、まだ余裕があります。

乳製品の動物性脂肪含有量は、「動物性脂肪(飽和脂肪酸)」に掲載しました。

チーズは脂肪が多いので低脂肪のものがベターですし、牛乳やヨーグルトはそれほど動物性脂肪が多くないですね。

★★★かんたんポイント!
低脂肪の乳製品を毎日摂るだけ

認知症予防は40代、50代から。

いつもスッキリと行きましょう!

ふーむという方は、ここをぽちっとお願いします。ワン!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

認知症ランキング
ベル

関連記事

  1. トマトと認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード トマト、トマト加工品

    ■トマトはどこから来た?緑黄色野菜の中でも必ず三本の指に入…

  2. スイカ(西瓜)
  3. 葉酸と認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード 葉酸を含む食材

    ■葉酸とは?葉酸は、水溶性のビタミン一種で、ほうれ…

  4. 卵黄
  5. 黒豆

    推奨フード

    認知症予防フード 黒豆茶

    ■黒豆と認知症予防黒豆は黒大豆やブドウ豆とも呼ばれ…

  6. くるみと認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード くるみ

    ■くるみが凄いくるみは漢字で胡桃、英語ではWaln…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベル

    なぜ認知症予防?

    はじめまして、自己紹介
  2. サフランと認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード サフラン
  3. 長寿トップ10と認知症予防

    食事法・レシピ

    認知症予防の食事 世界の長寿トップ10からわかること
  4. サムゲタン 参鶏湯

    食事法・レシピ

    認知症予防レシピ かんたんサムゲタン風(予防食品5種!)
  5. トマトと豆乳のスープ

    食事法・レシピ

    認知症予防レシピ トマトと豆乳のスープ(予防食品5種)
PAGE TOP