ルイボスと認知症予防

推奨フード

認知症予防フード ルイボスティー

ルイボスと認知症予防
■ルイボスって何?

最近は見かけるようになった、あの”赤いお茶”のお話です。

南アフリカの高地に自生するマメ科の低木がルイボス。

ルイ=赤い、ボス=灌木、という意味だそうです。

葉を発酵させ、乾燥させたものをお茶にするのがルイボスティー。

南アフリカの原住民の間では古くから健康茶として飲まれていました。

フラボノイドやミネラルが豊富で、美容やアレルギーに良いと言われています。

■ルイボスと認知症予防

”血管の99%は毛細血管です。毛細血管は加齢とともに45歳くらいから減少し始め、70代になると30代に比べ3割程度減るというデータがあります。近年は好ましくない生活習慣から、若いうちから毛細血管が消えてしまう「血管のゴースト化」が進行している人が増えています。エイジングやがん等の病気を遅らせるためには「血管のゴースト化」を遅らせることが大切です。”
出所:「血管の強化書」赤澤純代医師著

毛細血管がなくなるって、怖い話ですね。

”毛細血管のゴースト化を予防するためには、「Tie2(タイツー)」という分子を活性するのが効果的です。ルイボスやシナモンなどにはTie2を活性化する効果があります。”
出所:同上

スパイスのシナモンも要チェックです。

”ルイボスにはフラボノイドが多く含まれるため、抗酸化作用が非常に強く、皮膚や血管の老化予防のほか、抗炎症、抗アレルギー作用も報告されている。動脈硬化、高血圧、糖尿病などの生活習慣病、がんなどの予防および改善効果が期待されている。”
出所:「健康食品・サプリメントの事典」鈴木洋氏著

間接的に脳血管性認知症の原因となる病気を予防することが期待できそうです。

■ルイボスの栄養成分は?

カフェインが含まれていないのがルイボスの特徴です。

フラボノイド類(ポリフェノールの一種)であるアスパラチンやルチンなどを豊富に含まれ、抗酸化作用を発揮します。

ミネラルとして、鉄分や亜鉛などを含みます。

■適した摂取法は?

やはり、ルイボスティーとしていただくのが簡単です。

先の赤澤医師はコーヒー代わりに飲むことを推奨しています。

シナモンを少量加えて「シナモンルイボスティー」にすると、シナモンも血管に良いのでダブル効果です。

作ってみました。
ルイボスティー

筆者はルイボスティのストレートよりもシナモンが入ったほうが好きです。

認知症予防的には、1日の水分摂取量は1500ccが目標、ルイボスティーも含めてOKです。
→ 認知症予防フード 水(水分)の記事はこちら

★★★かんたんポイント!
ルイボスティー(+シナモン)を飲むだけです

認知症予防は40代、50代から。

いつもスッキリと行きましょう!

ふーむという方、ここをぽちっとお願いします。ワン!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

認知症ランキング
ベル

関連記事

  1. ビタミンB12と認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード ビタミンB12を含む食材

    ■ビタミンB12は名脇役!ビタミンB12はビタミン…

  2. 乳製品と認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード 低脂肪な乳製品

    ■乳製品は「諸刃の剣(もろはのつるぎ)」認知症に関…

  3. エゴマ油

    推奨フード

    認知症予防フード エゴマ油、亜麻仁油、シソ油

    ■エゴマ油エゴマ油も認知症予防に注目の食材です。…

  4. マンゴーと認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード マンゴー

    ■マンゴーはスーパーフード「認知症予防の部」ランキングでNo.3!…

  5. ケトン体と認知症予防
  6. ビールと認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード (苦めの)ビール

    ■ビールが認知症予防に効くって本当?赤ワインが認知…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ホタルイカと野菜のガーリックソテー

    食事法・レシピ

    認知症予防レシピ ホタルイカと野菜のガーリックソテー(予防食品6種!)
  2. 鰻重

    推奨フード

    認知症予防フード うなぎ
  3. 長いもとサーモンのカルパッチョ

    食事法・レシピ

    認知症予防レシピ 長いもとサーモンのカルパッチョ(予防食品6種!)
  4. キャッツクロー

    サプリメント

    認知症予防サプリ キャッツクロー
  5. 緑黄色野菜と認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード 緑黄色野菜
PAGE TOP