鮭と認知症予防

推奨フード

認知症予防フード 鮭

鮭と認知症予防

鮭の赤い成分は何?

鮭はなぜ赤いのか?

エビはなぜ赤いのか?

アスタキサンチンがその原因です。

赤い色は元々は海藻の天然色素(カロテノイド)でそれを食べた鮭やエビが赤くなるのです。

タイやカニ、サクラエビなどにも含まれています。

アスタキサンチンは認知症を予防するの?

”アスタキサンチンの抗酸化力は史上最強のカロテノイドといわれ、脂溶性抗酸化物質の中で一番抗酸化力が強く、βカロテンの数倍の効果であることがわかっている。このアスタキサンチンには血液脳関門を通過できるため脳内の活性酸素を除去し脳の変性や痴呆を予防することに役立つ。鮭は認知症防止にもってこいの貴重な食べ物。”
出所:「今日から始める76のがんシンプル作戦」済陽高穂医師著

そういえば、鮭だけじゃなくトマトや赤ワインなど赤い食べ物は体にいいものが多いですね。

”アスタキサンチンの抗酸化力はビタミンEの500倍です。その抗酸化力で活性酸素を除去し、コレステロールの酸化を防止し、動脈硬化を予防します。さらにアスタキサンチンには、脳の炎症を抑える抗炎症作用も強く、傷ついた脳細胞を修復してくれる作用があります。”
出所:「100歳までガンにならない食べ方ボケない食べ方」白澤卓二医師著

500倍って、何しろすごい抗酸化力です。

見直しました!

食べ物で?サプリもあり?

鮭には、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、DHA、EPAなど、認知症の予防に有効な成分が含まれているので、サプリよりは食べ物として摂取することを優先したいものです。

アスタキサンチンはサプリメントもありますので、補助食品として併用するのもありですね?

筆者もアスタキサンチンのサプリを常備しています。

★★かんたんまとめ!
鮭は毎週1回、サプリでもアスタキサンチンを補強

認知症予防は40代、50代から。

いつもスッキリと行きましょう!

ふーむという方、ここをぽちっとお願いします。ワン!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

認知症ランキング
ベル

関連記事

  1. 鰻重

    推奨フード

    認知症予防フード うなぎ

    暑い夏が来ると”うなぎ”の季節にな…

  2. 乳製品と認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード 低脂肪な乳製品

    ■乳製品は「諸刃の剣(もろはのつるぎ)」認知症に関…

  3. 水と認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード 水(水分)

    水ってフード?というツッコミが聞こえてきそうですが、認知症予防…

  4. ケトン体と認知症予防
  5. βカロテンと認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード βカロテンを含む食材

    βカロテンとは?野菜を食べなさい!緑黄色野菜は体にいい!…

  6. ココナッツオイルと認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード ココナッツオイル、MCTオイル

    ■ココナッツオイルとは?ココヤシから作られる油脂がココナッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ビールと認知症予防

    推奨フード

    認知症予防フード (苦めの)ビール
  2. きくらげの中華炒め

    食事法・レシピ

    認知症予防レシピ きくらげの中華炒め(予防食品7種!)
  3. 喜界島の食事 認知症予防

    食事法・レシピ

    認知症予防の食事 長寿の島、喜界島の人々の食事
  4. ステーキと認知症予防

    食事法・レシピ

    認知症予防レシピ たまにはステーキ(予防食品5種!)
  5. コンビニで認知症予防

    食事法・レシピ

    コンビニでもできる認知症予防
PAGE TOP